オンライン飲み会の肴に、金華サバの鯖寿司をどうぞ!

2020-12-09

新型コロナウイルス感染防止のため、毎日を自宅で過ごすという日々が続いている方も多いことでしょう。

以前なら、家族で美味しいものを食べに出掛けたり、友人や同僚と一杯やったりと、何の心配もなく出来ていたことが、昨今はかなり困難な状況となってしまった。

脂の乗った金華鯖の鯖寿司
金華鯖の鯖寿司

でも幸いなことに、現代はインターネットが普及していることもあり、このネットを利用すれば、上記の鯖寿司だって簡単に取り寄せることができる。つまり、外出しなくても、自宅にいながら全国の美味しい料理が味わえるということだ。

そこで本日は、宮城のブランド魚で、金華鯖(きんかさば)という脂の乗った鯖で作った鯖寿司を紹介します。

金華鯖の鯖寿司と炙り金華鯖の鯖寿司はおススメ!

さて、鯖寿司といえば、福井や岡山なども有名ですが、特に京都の伝統鯖寿司は有名です。そんな事もあり、旅行した時に現地で食べたことがあるという人や、仕事で出張した際に食べたという人もいると思います。

しかし本日ご紹介したいのは、京都や福井の鯖寿司ではなく、宮城県三陸の金華山周辺海域で漁獲された金華鯖を使った金華鯖の押し寿司です。

この押し寿司の種類としては、「金華鯖の鯖寿司、炙り金華鯖の鯖寿司」と、「天然煮穴子の穴子寿司、車海老の海老寿司」といったものがありますが、ここでは金華鯖の鯖寿司と炙り金華鯖の鯖寿司を紹介します。

金華鯖の鯖寿司

見てください! いかにも鮮度が良さそうな鯖の色の鮮やかさ。それに、スパッと切られた鯖の身と、キラッと輝くシャリの断面がすごく綺麗だ。

でもこれが、より一層旨さを醸し出しているように見えます。こんな押し寿司を見たら、「絶対に食べたてみたい!」と思うのは私だけではないでしょう。^^;

脂の乗った金華鯖寿司
脂の乗った金華鯖寿司

また、この金華鯖は「臭みが少なく、旨みが強くてジューシー」というのが特徴だといいます。もしそうなら、「匂いが気になって生魚は苦手!」という人でも気にすることなく楽しめそうです。

炙り金華鯖の鯖寿司

この炙り金華鯖の鯖寿司は、上記の鯖寿司と違い、ほんのりと炙った香が楽しめるというのも魅力の一つです。

もし、「私は生ものが苦手だからダメかもしれない!」といった方の場合でも、こちらの炙り金華鯖の鯖寿司なら大丈夫かもしれませんね。^^;

ブランド米のササニシキを使用

金華鯖寿司を支えているのは、何もブランド魚の金華鯖だけではありません。実は以下のようにシャリ(お米)にもこだわっているんです。

宮城の代表的なお米といえばササニシキ! 実は金華鯖寿司のシャリとして使用しているのは、このササニシキなんです。

では、このササニシキの魅力というのは何かというと、実は「炊きあがった時に香りが良いということと、口に入れた時に心地よくほどけるやわらかな食感」だそうです。

宮城のブランド米ササニシキ
宮城のブランド米ササニシキ

また、「あっさりしていて“くどくない”、そして、甘すぎない」という評価もあります。そのため、シャリにこだわりを持っているお寿司屋さんが好んで使うお米というのも、このササニシキだといいます。

やはり消費者に愛される最高のお寿司を作るというのは、「ネタとなる鯖を厳選し、寿司作りに適したシャリを追求する。そして最終の握り工程では熟練した職人の腕が必要」なんだなとつくづく感じました。

そもそも金華鯖とはどんなサバ?

「そもそも金華鯖とはどんなサバ? 普通のサバと何が違うの!」という人もいると思います。そこで、その理由を簡単に説明します。^^;

ブランド魚の金華サバ
ブランド魚の金華サバ

金華鯖とは、宮城県石巻市の沖に浮かぶ、金華山周辺海域の「根」に生息して回遊しないサバのことをいいます。そして、そこで漁獲され、石巻港に水揚げされた旬の大型の真鯖だけが、「金華鯖」というブランド名が付くそうです。

  • 金華山周辺海域で漁獲される根付きの鯖
  • 脂(脂肪率15%以上)がのった、大型(500g以上)の真鯖
  • 石巻港に水揚げされた鯖

しかし金華山周辺海域で獲れた鯖だからといって、全ての鯖が金華鯖というブランド魚になるかというと、そうではないそうです。なぜかというと、「小型の鯖は大型の鯖に比べ、どうしても脂の乗りが少なく、金華鯖の定義には合致しないから」というのが理由のようです。

また、「石巻港以外」で水揚げされた真鯖も、金華鯖と呼ぶことはできないそうです。いやぁ金華鯖というブランドを名乗るにも、結構厳しいルールがあるんですね。

以上のように、差別化されたブランド鯖というのは、「旬」の時期がいちばん脂も乗っていて、特に、サイズの大きいサバは身も厚く引き締まっていて美味しいそうです。

自分用やギフトにも最適な、金華鯖寿司!

冒頭でも述べましたが、今はコロナ禍の影響で、大好きな居酒屋へ飲みに行くことをやめているという人も多いと思う。そのせいか、最近はオンライン飲み会というものが人気のようです。

もしそういった方がこの記事を目にしたならば、ぜひ自分用に取り寄せて、オンライン上の仲間達にも見せて自慢してほしい! 味も、見栄えも、私が保証することはできませんが、インパクトは最高だと思う。^^;

また、家族のお祝い事や晴れの日など、普段はあまり食べる機会のない「美味しくて存在感のあるもの」を探しているという方にも、この金華鯖寿司はおススメです。

ギフトとして

人生の途上というのは、様々な方に支えられながら生活をしているものです。そして、そんな方々へ感謝の気持ちを伝えるために、何か贈り物をしたいという場合があります。

でも大体の人は、何を贈ったら良いのか?と迷ってしまい、なかなか品物が決まらないという事も多いと思います。その決まらない要因として考えられるのは、相手方の年齢や性別、家族構成のほか、食べ物が良いのか、それとも置物が良いのか等々が挙げられます。

私が思うに、迷った場合は「食べ物」のほうが良いのではないかと思います。なぜかというと、食べ物の場合は老若男女を問うことはありませんし、強いて考慮するとすれば家族構成ぐらいのものだからです。

そして、そのような場合に参考にしてほしいのが、こちら華ずしのサイトにある「金華鯖寿司、炙り金華鯖寿司、穴子寿司、車海老寿司」などがセットになった商品で、人数でいえば「3~5人用」や、「5~8人用」などです。

そのサイトを見て、あなたの意に適った贈り物を見つけることができれば、私も嬉しいです。

以上、簡単でしたが、希少価値の高い「金華鯖の鯖寿司」を取り上げてみました。