おこさま用カイテキオリゴで赤ちゃんや幼児の便通を改善!

2020-10-11

さて、世のママさん達は、赤ちゃんや幼児の便通が悪くスッキリしない様子を日々目の当たりにしていて、何か改善する方法はないものかと、心を痛めている方が少なからずいらっしゃると思います。

おこさま用カイテキオリゴ
おこさま用カイテキオリゴ

そこで、子供の腸内のビフィズス菌バランスに合わせてブレンド配合した、上記『おこさま用カイテキオリゴ』(オリゴ糖食品)をお勧めします。

なぜこのカイテキオリゴがおススメかというと、身体の中にいるビフィズス菌(善玉菌)をオリゴ糖によって増やして元気にすることで腸内環境を整え、それで便通改善を期待できるからです。

摂り方も簡単です。サラッとした粉末のオリゴ糖を、毎日、「0.5g~3g」を食事に混ぜて食べさせるだけです。これなら子供も負担なく続けられるでしょう。^^

なぜ赤ちゃんや幼児も便通が悪くなるの?

大人であれば、人間関係からくる様々な精神的ストレスの影響で便通が悪くなるという事も大いに考えられます。でも、そういったストレスがあるとも思えない赤ちゃんや幼児が、どうして便秘になってしまうのだろうか。

なぜ、赤ちゃんも便秘になるの?

それには次のような背景があるようです。

赤ちゃんは、お母さんの子宮内の無菌状態の環境で成長し、自然分娩の場合は、産道を通りながらビフィズス菌などの善玉菌を母体から取り込み、体内環境を整える準備をしているそうです。

そして生後、成長と共に体内環境が整い、1週間ほどで細菌の99%がビフィズス菌(善玉菌)となって、低月齢の赤ちゃんは善玉菌が優勢の体内環境になります。そのため本来は、出が悪くてスッキリできないということは少ないと言います。

しかし近年は、次に挙げる事情で体内環境が十分に整っていないことが多く、低月齢でも便通が悪いケースが増えているようです。

  • 妊娠中のママも同じように悩んでいた。
  • 帝王切開で出産した。
  • 食の変化で母乳の質が低下した。
  • 母乳から離乳食に変わることでオリゴ糖が足りなくなった。
  • よく噛まずに食べてしまう。
  • 水分摂取が足りていない。

等です。また、体内環境が整っていないまま離乳食期に入ると、さらに便通が悪くなる可能性があるといいます。

そして離乳食が始まると、これまで母乳やミルクで摂取していたオリゴ糖が減り、徐々に善玉菌の量も減り始め、悪玉菌などの他の菌が増えていきます。

こういった理由があるため、善玉菌を増やして体内環境を整えるためのオリゴ糖は、継続して摂取することがとても大切になります。

次に、「おこさま用カイテキオリゴは特別なオリゴ糖である」とメーカーは主張していますが、その理由とは一体何なのかをみてみましょう。

おこさま用カイテキオリゴが特別なオリゴ糖という理由

体内には複数種類のビフィズス菌がいて、それぞれにオリゴ糖の「好き嫌い」があるそうですが、一般的なオリゴ糖食品の多くは「1種類のオリゴ糖」だけて作られているそうです。

つまり、下の画像のように腸内はオリゴ糖が足りなくて元気がない状態です。

オリゴ糖が足りなくて腸内は元気ない
一方、「おこさま用カイテキオリゴ」は、様々なビフィズス菌それぞれの好みに合わせて、「複数種類」のオリゴ糖を配合しています。そのため、まんべんなくサポートでき、自然なスッキリへと導くことができるそうです。

大人と子供とでは、体内にある複数種類のビフィズス菌の比率が以下のように違うといいます。

大人と子供のビフィズス菌比率

ビフィズス菌は種類によって棲息している場所が違うということをご存知でしょうか?

実は下図に示すように、下のほうにもビフィズス菌は棲息しているそうです。そこで、ここにもしっかりとオリゴ糖が届くようにと配合を調整しているそうです。^^;

スルッと出た!という感覚を得るためには、「出口付近で量が多いこと」と、「水分を含み柔らかいこと」、これが一番大事だといいます。そういうことからも、必要な水分を効率よく与える製法にこだわっているそうです。

以上の4つが、「おこさま用カイテキオリゴ」がすごい理由なんだそうです。ここまで言い切られると、なぜか、すごく期待してしまいます。^^;

どんな食べものに入れたら良いの?

さてこのオリゴ糖、どんなものに入れて摂ると良いのだろうか?と悩んでしまうママさんもいるかと思います。しかしそんなに難しく考える必要はありません。

なぜかというと、普段赤ちゃんに与えている飲みものに入れて混ぜるだけだからです。例えば「ミルクや麦茶」、それに「白湯」などです。

そして、使用する際は下記の目安量を参考にしましょう。

年齢によるオリゴ糖の目安量

また、離乳食期に入ると、オリゴ糖の摂取量が減ってしまうので、その時こそ「おこさま用カイテキオリゴ」の出番だそうです。

でも、「離乳食に入れると味が変わって食べてくれるかどうか心配だ!」と思うお母さんもいるでしょう。

しかし心配する必要はありません。食べ物や飲み物の味を変えないように「ほんのり甘い・やさしい味」に調節しているそうです。

具体的な数値を示しますと、「カロリーはお砂糖の約4分の1」だそうです。これなら低カロリーだし甘すぎることもないと思うので、離乳食に混ぜても安心ではないでしょうか。

以上簡単でしたが、『おこさま用カイテキオリゴ』を取り上げてみました。この記事が、お子さんの便通改善を願っているママさんの参考になれば嬉しいです。^^;

また成人用のカイテキオリゴに興味のある方はこちらのページへどうぞ。