宮城県のはらこ飯をお取り寄せ

2020-12-09

あなたは“はらこ飯”という料理をご存知でしょうか。

はらこ飯とは宮城県の郷土料理で、下のようにイクラと鮭の身を使った「どんぶり飯」のことで、いわゆる鮭とイクラの親子丼です。いやぁ、実に美味そうだ!

宮城県郷土料理ーはらこ飯
これが、はらこ飯

でもこの“はらこ飯”、自分で一から作るとなると結構な手間がかかり、とても大変なんだそうです。そこで、そんなはらこ飯を簡単に作る方法を以下にご紹介します。

はらこ飯セットを使えば超簡単!

例えばご飯を炊くにしても、鮭の切身やアラから取ったダシが必要ですし、イクラや鮭の身の味付け等もやらなければなりません。

こういったダシ取りの下処理や調味料作りというのは、“はらこ飯”を作った経験のない人がやろうと思ってもハードルが高すぎて、中々できるものではありません。

そこで、そんな面倒なダシ取りや調味料作りをしなくても、手軽に、しかも本場の味を自宅で楽しめるように商品化されたはらこ飯セットというのがあります。

実はこのはらこ飯、宮城県民なら誰でも知っているという食べ物ですが、残念ながら、旬の天然秋鮭を使ったはらこ飯が味わえるのは、1年でたった2カ月だそうです。

その理由は、原料となる天然秋鮭の水揚げが、秋から冬にかけてだからだといいます。そのため、この時季がくるのを楽しみに待っているという人も少なくないようです。

お米を用意すれば本場の味が自宅で味わえる!

この「はらこ飯セット」の良い点は、お米を用意するだけで、本場宮城県でしか味わえない限定品の“はらこ飯”を、自宅で簡単に作れることです。^^;

このセットを使うことで、ダシ取りをする必要もありませんし、身もイクラも味付け済みなので、余計な手間は一切かかりません。

また、はらこ飯セットには、次のように「Aセット」と「Bセット」があるのですが、それぞれ内容が違うので、食する人の人数分を賄いきれるかどうかを見極めましょう。

はらこ飯Aセット(1~2人前)

こちらのはらこ飯Aセット 1~2人前は、いくら醤油漬(100g)、はらこ飯の具(170g)、天然秋鮭切身(3切)、はらこ飯の作り方・食べ方レシピ(1部)がセットになっています。

このAセットは、人数にして1~2人前ですが、もしかしたら一人でたっぷり食べたいという食いしん坊に向いているかも知れません。

また天然秋鮭の切り身も3切入っているので、カリッと塩焼きにして酒の肴にして一杯やるのも最高だと思う。

はらこ飯Bセット(3~4人前)

こちらのはらこ飯Bセット 3~4人前は、いくら醤油漬(100g)×2、はらこ飯の具(170g)×2、天然秋鮭切身(5切)、はらこ飯の作り方・食べ方レシピ(1部)がセットになったものです。

このBセットは、Aセットに比べ、いくら醤油漬は2倍、はらこ飯の具も2倍、天然秋鮭の切り身は5切と、それぞれの食材が多いので、家族構成が4人程度のお宅向に向いています。

いくら醤油漬100g

セットに入っている「いくら醤油漬」は、三陸沖で水揚げされた天然秋鮭の生イクラを獲れた直後にほぐし、それを自家製の醤油タレで仕込んで味付けした保存料無添加のもの。

生イクラ
生イクラ

口の中でプチプチと弾ける食感と、旬のイクラならではの甘みが楽しめるそうです。^^;

はらこ飯の具(1瓶170g入り)

はらこ飯の具は、秘伝の自家製タレでじっくり煮込んだという逸品で、タレが秋鮭の身にしっかり染み込んでいるという限定品だ。

この瓶には、“はらこ飯の身”と煮汁が入っているので、ご飯を炊く時には、中の身を取り出し、煮汁だけを全部入れて水を加えてから炊きます。

炊きあがったら、ゴハンを器によそい、甘辛く煮詰めたほくほくの「鮭の身」と「いくら醤油漬」を盛り付けて完成!です。この秋鮭の身の食感は、「ふんわりふっくらしている」と評価も高い。

天然秋鮭切り身

この天然秋鮭の切り身は「おまけ」だそうです。ええぇー良いんですかそんなことして!と、ビックリしてしまいますが、でも、おまけは大歓迎です!!

天然秋鮭の切り身
天然秋鮭の切り身

だけどこの切身、「おまけ」として付けるぐらいだから、「大したものじゃないな」なんて考えてはいけません。実際、セット品とは別に、「追加用」の切身として販売しています。

それに獲れたての新鮮な切身ということなので、軽く塩を振って焼魚にしても良いし、鍋に使っても良さそうです。

また秋鮭のムニエルにすれば、焼けた小麦粉の香りにバターの香りが何とも食欲をそそり、口に入れればカリッとした食感がたまらない!と、病みつきになるかも。

はらこ飯の作り方・食べ方レシピ

同梱されている下のレシピは、はらこ飯の作り方を、写真を交えて説明していて、とても分かりやすいので、失敗する心配はないと思います。

はらこ飯レシピ

それに、「おまけ」の天然秋鮭の食べ方や調理例も載っているので、自分でアレンジ料理を作る際のヒントとしても役立ちそうです。

また、上記のはらこ飯セットでは分量が少なくて物足りないのでは?と思った場合には、下記の「追加用_いくら醤油漬、はらこ飯の具、天然秋鮭切り身」が便利です。

追加用いくら醤油漬100g簡易パック入

こちらのいくら醤油漬100g簡易パック入は、季節限定のもので、造りたての「生」です。


原料の鮭は、三陸沖で水揚げされた天然秋鮭で、この秋鮭の生イクラを、獲った直ぐにほぐし、秘伝の自家製醤油タレで仕込んだという保存料無添加の「いくら醤油漬」。

はらこ飯セットに入っているイクラだけでは足りないという場合の追加用として使っても良いし、いやいや、私なら絶対イクラ丼にして食べる!という場合でも良いでしょう。それとも手巻き寿司のネタとして使いますか?

追加用はらこ飯の具170g瓶入り

このはらこ飯の具も、はらこ飯を作るためには絶対に欠かせないものの一つ。鮭の身を味付けして煮込むといった調理に自信のない方なら、なおさらストックしておきたいものです。


また、熱々のご飯にそのままのせても美味しく頂けるそうなので、ぜひ試してみてください。こちらも限定品です。

追加用天然秋鮭切り身5切

こちらの天然秋鮭の切り身(5切)は、さっぱりしていてクセがないのが最大の特徴だそうです。


なので、軽く塩を振って塩焼きにしたり、バター焼きにしたりといった調理法もおススメらしいです。でも私は、塩焼きでグビッと一杯やりたいなぁ~

秋鮭を使ったレシピは、この他にも色々あるので、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

一年中はらこ飯を食べたい人はコレ!

秋鮭が獲れる時季だけではなく、一年中、好きな日に「はらこ飯」を食べたいという人もいると思います。そんな時は、下の3種類の「はらこ飯セット」がおススメです。

はらこ飯セット(3本入)


このはらこ飯セット3本入は、はらこ飯の具(90g)が2本と、いくら醤油漬(90g)が1本の、計3本です。

はらこ飯セット(4本入)


このはらこ飯セット4本入は、はらこ飯の具(90g)が2本と、いくら醤油漬(90g)が2本の、計4本です。

はらこ飯セット(5本入)


このはらこ飯セット5本入は、はらこ飯の具(90g)が3本と、いくら醤油漬(90g)が2本の、計5本です。

上記3種類の「はらこ飯セット」は、秘伝の自家製タレでじっくり煮込んだという「はらこ飯の具」と、保存料や化学調味料を使用しない、まろやかでやさしい味わいが特徴だという「イクラ醤油漬」のセットになっています。

なぜ、一から「はらこ飯」を作るのは大変なのか?

実は、はらこ飯を一から作るのは結構な手間暇がかかり、とっても大変なんだそうです。

でも“はらこ飯”を作った経験のない人だと、単純に、炊いたご飯にイクラと焼き鮭をのせれば完成する!と考えると思うのですが、実はそうではないのです。

 はらこ飯
はらこ飯

普通、ご飯を炊く時には、お米を研いでから水を加えます。でも、はらこ飯の場合は「水」だけではなく、鮭から取った「出汁」も使います。このダシを取るための手間が大変なんです。

例えば、ダシを取るためには、次のように下処理の工程を経なければなりません。まず「①鮭の切身とアラに塩を振り、②湯引きをし、③氷水で洗う」といった手順で進めます。

そして、これを基に調味料を作り、その調味料を、研いだお米に加えてから炊き込みとなります。ご飯が炊きあがったら、あとは「ご飯」と「イクラ」と「鮭の身」を器に盛り付けて完成です。

いかがでしょうか。かなり面倒だと思いませんか。このような工程は、はらこ飯を初めて作る人にとってはハードルが高すぎます。

そこで、そんな手間を省いて、本場の味を自宅でも味わえるようにしたのが、上記の「はらこ飯セット」ということなんです。^^ ぜひお試しを!

また上記の他にも、11月~2月は真牡蠣の旬の時期です。生食用の殻付き牡蠣を食してみたい方は、こちらのページをご覧ください。